Skip to content
2012/12/21 / Rocketman3

The Waterboys / The Whole Of The Moon

 

昨日が「星」だったので、今日は「月」の曲を。

 

イントロから全体を彩るピアノの音色がいい。かき鳴らされるギター。「I pictured a rainbow」という美しい歌い出し。高揚感を伴った美しいサビのメロディ。高らかに鳴り響くトランペット……。

メンバーの姿が映った演奏シーンはコチラ

サックス、ストリングスなども入るが、やはりアコースティック・ギターとピアノがこのバンドのサウンドを特徴づけていると思う。そしてなんといってもマイク・スコットの声がいい。少ししゃがれたクセのある声質と歌い回し。アウトロでのファルセット気味のシャウトなど、モロに僕の好みなのだ。

この曲は3rdアルバム「Theis is the sea」からのシングルカット。アルバムの中でも一番キャッチーで美しい曲で、一発で気に入ってしまった。

 

このアルバムのあとバンドは活動拠点をアイルランドに移し、ドラマチックなロックサウンドから一転してアイリッシュ・トラッド・ミュージックに影響を受け4thたアルバム「Fisherman’s Blues」を発表。「I wish I was a fisherman」という印象的な詞から流れ出すアコースティック・サウンドはそれまでとは違ったリラックスした雰囲気に満ちており、マイク・スコットはさながら吟遊詩人のようだ。

ひさしぶりなので懐かしくなりあれこれネットを見ていたら、こんな記事を見つけた。

ウォーターボーイズがミニ・ドキュメンタリー映像『The Waterboys :: Spiddal Reunion』を公開 – amass

これが素晴らしく良い。なんてことないレストランのような屋内でのアコースティック・セッションなのだが、しっとりとして被写界深度浅めのモノクロ映像が美しい。

アコースティック・ギターをバックにマイク・スコットの声がかぶっていく。合間に入るフィドル。後半に進むにしたがってすべてがエモーショナルにかきたてられ、やがて静かにエンディングを迎える。こんなのを目の前で見られたら震えがくるだろうな。

 

他にもアコースティック・セッションの映像を観ることができる。
ウォーターボーイズのマイク・スコット、「She Tried To Hold Me」のアコースティック・セッション映像を公開 – amass
マイク・スコット率いるウォーターボーイズがアコースティック・セッションの映像を公開 – amass
いずれも素晴らしいので、ぜひ。

 

The Whole Of The Moon – lyrics
The Waterboys – official site

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。