Skip to content
2005/02/13 / Rocketman3

The Collectors / Album『夜明けと未来と未来のカタチ』

うわ、仕事でバタバタしているうちにあっというまに随分あいだが空いてしまった。ということでもう夜中の3時だけど、コレクターズの新譜についてちょっと書いておこう。

あちこちのブログで「傑作」の呼び声高い本作だけど、僕もこれはホントそう思うよ。正直なところ前作「Glitter Tune」はジャケットのMod具合とは裏腹にかなりツラかった。ちょうどメジャーデビューあたりからずっと聴いてきたけど、これまでで一番聴かなくなるのが早かったアルバムだったんだ。なんというか勢いがないっていうのかな。曲も全体的にちょっと中途半端な感じがして。

とくにそのころはピロウズがもうヘビーローテーション状態だったから、なおさらそんなふうに感じてしまったのかもしれないけれど。それまでにも何度か「ああ、もうダメかも…」と思うことはあったがその度ごとに盛り返してきたんだけど、「今回ばかりはホントにダメか…?」とまで思ってしまったんだ。

でも、やっぱりやってくれたよ、このバンドは。1回目は「うーん…」だったが2回目からグイグイ良くなってきた。各曲の細かい感想はまた書くことにしてとりあえずざっといくと…。

1曲目はいきなりブラスとストリングスから入るので驚いた。ちょっとModというよりはブラスロックみたいで意外だった。

「未来と未来のカタチ」は最高。リリー・フランキーのジャケイラストも最初はそうでもなかったが、この曲とあわせて裏ジャケを見ていると、大勢の中でひとりだけこちらを見ているMod少年がなんとも言えず切なくてよい。「ぎゅっと握ったはずのキミの手が今はここにない」というところがグッと来るね。

「グレート・アメリカ」は誰かのブログに書いてあったが、たしかに演奏がThe Whoっぽい。それ以外の曲でも随所にWhoを感じるが、『Free』のころよりも演奏が随分と骨太になっている。「愛していると…」はイントロからグイグイとくるビートナンバー。ところどころこれもWhoっぽい。「Punk of Hearts」がどうしても好きになれなかったので、こうしたビートナンバーが聴けるとそれだけで嬉しいってもんだよ。

コータローがVoを取る曲はこれまでそれほど好きではなかったが(とはいえ、最近頭の中をふと「スノーマン」がよぎることが多いが)、「Lucky & Happy」はかなり気に入った。サビの『チャラチャラするな 時代遅れヤッピー』というところがやけにいい(笑)。

「ファーザーアウェイ」は曲はこれまたWhoぽくていいんだが、なぜこういう歌詞になったんだかさっぱりわからん。ラストの「ファイナルカウントボクサー」も曲はいいんだが、いかんせんアルバムの締めとしてはちょっと…。どうしてもそのあとに「未来と…」をもう一度聴きたくなってしまう。こっちがラストのほうが良かったのに。

でもアルバム全体としては「Glitter Tune」より全然かっこいい。よかったよかった。アルバム全体としては『Here Today』以来の傑作かな。そのあともずっと聴き続けていてピロウズのヘビロテを完全に止めたよ。

曲の勢いでいったらピロウズのほうが全然あるけど、やっぱり「未来と…」のようなロマンチックな曲は加藤ひさしの独壇場で、山中さわおには書けないな(ま、本人も書くつもりはないだろうけど)。なんにせよ、一時僕の中で日本のバンドNo.1は完全にピロウズに移ってしまったけど、ここに来てコレクターズも復活。強力な2トップ体制になってよかったよ。

ああ、やっぱり各曲についてきちんと書きたくなってきた。近いうちにバラバラと書くことにするよ。

 

 

(→ コメント@旧ブログへ)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。